:::
當期特展

台湾最初のセメント工場 昔と今

説明

台湾の近代的なセメント産業は浅野セメントに始まりました。これは寿山の豊かな石灰石資源と密接な関係があります。戦後は、台湾セメントが事業を引き継ぎ、約75年の時を刻みました。政府が台湾西部の鉱山の採掘権を停止したのを機に、台湾セメント高雄工場は採掘をやめ、台湾最初のセメント工場は一段落つきました

台湾セメント高雄工場の操業停、新しいスタートになりました。例えば、2011年、地元グループと政府関連部門の働きかけで、寿山国家自然公園ができました。また、台湾セメントが土地と建物を提供し、柴山滯洪公園(柴山治水公園)が建設され、洪水浸水を緩和しました。さらに、鼓山崎脚遺跡を発掘し、祖先の生活を再現したほか、石灰焼成窯や赤レンガ造りの建物を保存し、セメント産業の歴史を伝えています。セメントで盛えた町は、自然と文化の香のあふれる土地に生まれ変わりました。資源開発と環境や文化の間には、さらなる可能性があると思いませんか?