:::
常設展覽

高小雄冒險記

説明

晴れた日には、高小雄と高小美が遠足に参加し、高雄市立歴史博物館にやってきました。 トイレを探している最中、2人の兄弟が誤って魔法のドアを開け、おしゃべりの花房に出会い、高史伯(音: ガオシボ)の魔法のもと、時空を超えた1世紀にわたる冒険を始めました。

部屋は5歳以上の子供向けに設計されたスペースで、親子体験活動に適しています。 部屋は、高小雄という名前の男の子として擬人化されています。 彼と彼の妹、高小美は、訪問する子供たちに近づくために、仲間や友人の視点から高雄をすべての人に紹介します。