:::

本館の歴史

認識史博

本館について

高雄市歴史博物館は、都市観光の重要な一部であり、人々の生涯学習の重要な場所です。本館とその付属館は、高雄市の文化的な知識を保存し、地元のビジョンを示すという経営理念で経営しています。本館は高雄市の歴史調査、さまざまなコレクション、多様な地元の展示会の開催、高雄の文化と歴史的な知識ベースの開発に力を入れている。国際的になり、文化交流を強化することを期待しています。

市役所→市政府→博物館

1924年12月25日(大正13年)、高雄通りが市街地に格上げされ、高雄市役所が港町4丁目(今日の郡山区大天宮辺り)に設立され、1939年(昭和14年)、市の中心部が東に移動したことから 、高雄市役所を現在の塩城区の本館に移転。1945年の第二次世界大戦後、高雄市役所が引き継がれ、高雄市政府に改称。1947年(中華民国36年)に「二・二八事件」が勃発した。 当時は史跡のひとつで、1992年1月(中華民国81年)までは高雄市政府が管轄し、市の行政中心地でもありました。

1992年1月18日(中華民国81年)に、市政府は苓雅区の「合属オフィスビル」に移転し、旧市政府は段階的な任務を完了して引退しました。 高雄市の発展と歴史的な地位のため、新市政府は高雄の歴史と文化を保存および促進するため、元の場所に「高雄市歴史博物館」を設立しました。1998年10月25日(中華民国87年)に正式にオープンし、地方自治体が運営する台湾初の歴史博物館となりました。

2017年(中華民国106)、高雄市立歴史博物館は地方自治体によって設立された台湾で初めての博物館になりました。政府と地方自治体の資源で、様々な昔の社会課題を積極的に向き合い、市民と都市のために「歴史の立会人」になりました。

博物館から、都市の特徴を示す

本館は高雄市の歴史に基づいており、鉄道文化、旧市街の歴史、伝統芸能、人権問題、眷村移民などのテーマを、資源統合と共有、および複数の施設の運用モードを通じて、豊かな文化資料と複数の視点を提供します。文化を維持し、知識を保存し、真の博物館の社会的価値を実現します。